炭水化物ダイエットの注意点|間食が止められない人は必見!

炭水化物ダイエット中に間食しても良いの?

効果的に痩せたいという人は多いのではないでしょうか。
食事制限や運動など、様々なダイエットがあります。
今回は、近年人気が高まっている炭水化物ダイエットについてみていきたいと思います。
炭水化物ダイエットとは、ご飯などの米類やパンなどの小麦類を控えるダイエットの方法です。
食事は主に、野菜や肉、魚、卵をメインに食べれば良いので、炭水化物を摂らなくても満足します。
しかし、おやつなどの間食の際が困ります。
ダイエット中とは言え、おやつを絶対に我慢しないという訳ではありません。
我慢するとストレスが溜まり、逆に食べ過ぎてしまう場合も考えられます。

 

食べる時間と量を制約しさえすれば良いのです。
問題は食べるものです。
間食やおやつと言ってイメージするのが、ケーキやクッキー、プリン、アイスクリームなど、ほとんどが炭水化物を含む食べ物と言っても過言ではありません。
おはぎやもち類などの和菓子も炭水化物を含んでいます。
そこでおすすめの間食として、果物が挙げられます。
果物の栄養素は、ビタミン類やミネラル、食物繊維、ポリフェノールなど身体に必要な栄養素が豊富に含まれているので、健康にももってこいなのです。
果物だけで物足りないという人は、ヨーグルトをあえたりゼリーにして食べると満足感がアップします。

 

 

炭水化物ダイエットをすると口臭がきつくなるって本当?

炭水化物ダイエットで口臭がきつくなるのは、ケトン体が生成されるためです。
炭水化物を控えることで摂取するカロリーが大幅に減ります。
すると体はエネルギー源として肝臓に溜まった脂肪を使おうとします。
肝臓が脂肪を分解してエネルギーに変える時に作られるのが、ケトン体です。

 

元々人間はケトン体をエネルギー源としていないので、炭水化物ダイエットに慣れて体質が変わるまではケトン体が残り続けます。
ケトン体に含まれるアセトンという成分が、果物が腐ったような不快な甘酸っぱさを引き起こしています。

 

自分の口臭は嗅ぎ続けているので慣れて気づかないことが多いですが、炭水化物ダイエット中の人と話すと口臭が気になると感じている人は多いです。
肺は酸素を血液に取り込ませるためたくさんの血液が集まります。
血液だけでなくケトン体も多くなるため、肺を通った呼気が嫌な口臭として出ていきます。
口臭を防ぐためには、ケトン体をどんどん燃やしていくことが重要です。
食事制限だけでなく運動を取り入れれば、蓄積したケトン体を燃やす必要性が出て体質改善が早まります。
またお風呂でたくさん汗をかくとケトン体が毛穴が出て行くため、人と会う時には臭いが抑えられます。

 

 

炭水化物抜きダイエット中にヨーグルトを食べても大丈夫?

炭水化物を制限するダイエットを行っている時にヨーグルトを食べても太ることはありません。
むしろ豊富な栄養を摂取できるため、ダイエット効果を高めることができるでしょう。

 

ただしひとえにヨーグルトと言っても、何でもいいというわけではありません。
主に低脂肪、無糖タイプの製品が対象となります。
加糖された製品は含まれている炭水化物の割合も多くなるため、ダイエットには不向きです。
また、食べるタイミングも重要となります。
朝や昼ではなく、夜がおすすめです。

 

夕食後にヨーグルトを食べることで乳酸菌の働きが活発になり、腸内が整います。
便秘が解消され、老廃物の排出もスムーズに行われるようになるでしょう。
腹持ちもいいので、就寝前に間食をしたくなる欲も抑えられます。
炭水化物抜きダイエット中は甘いものを食べられないのでストレスが溜まりやすいですが、ヨーグルトならデザート感覚で食べることができるので精神的にも安定します。
もちろんヨーグルトを食べているだけではダイエット効果を最大限に引き出すことは難しいです。
同時に適度な有酸素運動を取り入れ、汗をかいてカロリーを消費しましょう。
これにより効率的に脂肪が燃焼され、減量が促進されます。

 

 

キャベツを食べると効果が上がるの?

よく言われるのが、炭水化物とキャベツの置き換えダイエットという方法です。
なぜキャベツがダイエットに効果的なのでしょうか?
生のキャベツを食前に食べることで満腹中枢が刺激され、その後の食べ過ぎを防止するというのがこのダイエット方法の一番の目的だと言えます。
キャベツは、噛みごたえがあるので食べるのに苦労します。
糖尿病の食事指導でまず注意されるのが早食いです。
ゆっくり、噛みながら食事をしなさいという指導を受けます。
血糖値は、食事の後に急激に上がります。
糖質を取得するとそのレベルが急激になります。

 

キャベツは、食物繊維が豊富なので消化するのに時間がかかるのでお腹も減りにくくなります。
ダイエットにはもちろんですが便秘解消にもなります。
炭水化物のうち糖質を減らせば、痩せるといいます。
1食あたりの食べる量は、1玉を6分割したくらいにしたものです。

 

これで大体40キロカロリー程度になります。
ごはん1杯が、240キロカロリーになりますので、置き換えたときの差が、200キロカロリーになります。
この差が付加価値となってやせることにつながるという理屈です。
確かに炭水化物のうち糖質を制限して、食物繊維はどんどん食べなさいという原理にあった方法です。
但し気を付けるのは、これだけでは栄養が偏ってしまうことです。

 

 

炭水化物ダイエット中の水分補給はどうすればいいの?

炭水化物ぬきダイエットをしている方は、水分をこまめに取るようにしましょう。
でないと、急激な体重減少とともに体の中の水も急激に減っていってしまいます。
ですが、なぜ炭水化物抜きダイエットをする際は、水分の摂取が推奨されているのでしょうか?そこで、ここではその理由について説明します。
無理なく減量を成功させるためにも知っておくと良いでしょう。
まず、炭水化物抜きダイエットで痩せられるのは、糖質を制限することで、余分な糖質が脂肪に変化するのを防げるからです。
私たちの体は、余分な糖質が体に入ってくると、インスリンというホルモンが働いて、糖質を脂肪細胞に集めてしまいます。

 

そのため、余分な糖質を制限することで、脂肪の蓄積を防げるのです。
しかし、注意しないといけないのが、その糖質、つまりグリコーゲンには高い保水性があるという点です。
具体的には、1gのグリコーゲンには4gの水が結合していると言われています。
つまり、グリコーゲンが減少すれば、当然水分も減っていくため、体重が減少していくというわけです。
私たちの体の約60%は水で構成されています。
急激な水分の減少は健康によくありません。
健康を害さないためにも、炭水化物抜きダイエットをする時は、こまめに水分を取るようにしましょう。

 

 

ダイエットに関して

ここで紹介した内容は炭水化物ダイエットにまつわることでした。
ダイエットといえば、多くの人が抱えている課題だったりしますね。
ダイエットをするための方法を知ることもポイントにはなってきますが、逆に太る要因に関する知識をたくさん仕入れることもポイントにはなってきます。
そういう情報はどこで集めれば良いでしょうか?太りたい方向けの内容がたくさん盛り込まれているウェブサイトを参考にしてみてください。